10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

地域密着の時事ネタをスクープ

taiyou0787976378

Author:taiyou0787976378
ようこそ!
おひさまニコニコ新聞へ
淡路島の洲本市五色町で開業してます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

第44回東洋医学夏季大学終講式

2017.07.11 18:43|未分類
9日(日)は午前中に消防の講習に行き
終了後にその足で神戸まで行きました
タイトル通り、第44回東洋医学夏季大学を受講してきました。

この日は県民へ公開講座で『鬱病』です
現代人に多い鬱病でしたが・・・
それはど県民は来場してませんでしたね
まぁ~鬱病・鬱症状の人がワザワザ聴講しに来るとは思えませんね

鬱は睡眠障害もあってなかなか治療するのが難しい疾患です
しかも、治療が上手いこと進んでる時に患者さんが自殺をしたりしますね
私も鬱病の方を治療しましたが・・・
なかなか上手いこと行かずに、逃げられた経験があります


IMG_0786_convert_20170711180318.jpg


西洋医学では脳の病のように言いますが
東洋医学の見地からすると、五臓六腑が弱ると鬱が起こると考えます
なので薬を飲んでも鬱病は治りませんね
意外と背中を中心に温灸をして行くと・・・元気になります
名医の鍼灸師なら背部以外に手足のツボを使って治しますわ
しかし、これがなかなか難しいんだ

私は10数年前、10代の子で3年寝太郎の子を治療した事があります
この子は、朝が起きれない
夜中は目が冴えて起きいてる
勉強も身が入らずこの繰り返しで高校を中退
仕事に就く事も出来ずにいました
とりあえず眠くて眠くて仕方が無いそうです

この子は心理的な要因もありましたが、素直に鍼灸治療を受けてくれました
手足のツボと背中のお灸を4ヶ月程続けると・・・
昼夜逆転してたのが再逆転し、働きに行くようになり
パートから準社員、そして正社員にまでなりましたね
この子の例からしても鬱症状に薬は必要ありません
五臓六腑のバランスを調整さえすれば大丈夫です。

西洋医学では脳が司令塔で五臓六腑指示を出すと考えますが
東洋医学では五臓六腑が脳に指令を出すと考えます
この違いが鬱病に対しての治療も違いますね

本日の一句
    気の持ちよ その言葉では 酷くなる
ありがとうございました
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント